| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食べる食べない

今年に入ってからよく膀胱炎になるノアさん。

これは原因は何なんだろう?

細菌感染が一番多い原因らしいけど、犬にだって免疫力によってそれをはねのける力がはたらくはず、
でしょ?
でもその免疫が低下しているから、というのがまた原因?

もう一個が、結石や腫瘍とかができている、ということ。
腫瘍についてはよく分からないけど、石ができてるということになると、石で尿管?が詰まって、炎症を起こす→膀胱ということなのかな?


ノアさんが先月「失禁!」という事態になり膀胱炎が発見された時は、原因は細菌だった。
大腸菌。
おいおい、ウンコちゃんが…付いちゃった…?ダンナみたいに…?(9月8日のエントリつながりの話)

その場合はそれに適した抗生剤を飲んで治す、ということだったんだけど、なんかまた今日失禁してるっぽかった…。


再発かーっ!?



もうね…どうしたらいいか分かりません…。
なんでこうも繰り返すの?!





ご飯を療養食にしてから3ヶ月経ってるけど、効果ないってことなのだろうか?
ウチはとりあえず今お世話になっている獣医さんのススメで「●イヤルカナン Phコントロール」を食べさせていて、
一ヵ月後の尿Ph値が改善されていたので同じメーカーの「PHケア」という維持食に移行していました。

移行してすぐに先月の一件「失禁事件」が起こり、ついでに(?)肝臓が悪いことも分かったので、
その時お世話になった獣医さん(実家に帰っていたのでね、そちらの先生。ノアさんは昔から知ってくれている先生。)には
「この子は膀胱炎を繰り返す体質かもしれないから、維持食よりも療養食をずっと食べさせたほうがいいよ」
と言われていました。

維持食を8キロ買ったばかりだよ…。
高いんだよ…このごはん…。

そう思うのは「ワンコの健康とお金とどっちが大事なんだ」と言われるんでしょうか。
言われるわな。

じゃあ捨てますか?

ワタシは捨てませんでしたよ。
維持食ったって、普通のドライフードよりは「Ph」に対して「ケア」をしてるのでしょう?
なら、とりあえず食べても問題ないでしょう?

そう思って、実家から帰ってから2週間、これ食べさせてました。


しかーし!

あらあら、ノアさん食べなくなりましたよ…。

がっつく子が、秒殺で片付ける子が、見向きもしなくなりました…。きーっ!


なぜでしょうか?
また肝臓がおかしくなった?(肝臓が悪いと食欲は低下する)
でも竹千代が食べてるおやつを手から奪ってガツガツしているし、食欲が低下してる感じはしない…。
つーか、人のもの取るなっ!!

はたまた維持食の味に飽きた…?
維持食の品質が落ちて、食べたくない…?

なんだか知りませんが食べなくなりました。





困りました。
ノアさんの体質改善をしなきゃ!と思うあまり、ワタシはノアさんに何を食べさせたらいいのか、
半ばノイローゼになりそうなくらい頭を悩ませているんです。
しかも、Phに配慮したものって、そう簡単には手に入りません。
病院で買うか、ネットで買うか、近所のペットショップにはまず置いてない代物です。
試すこともできないし、とにかく今日のこれからのご飯どーすんだ?!
という状況なのです。




そこでワタシ、トッピング作戦、考えました。

酸性の食べ物をトッピングし、維持食をごまかしごまかしで食べさす!
これだー!

ということで、昨晩、豆イワシを圧力鍋で柔らかくして、乗っけてみましたよ。

090911-1.jpg
煮汁も入れて。

090911-2.jpg
さぁ(ドキドキ…)お食べ…!(ドキドキ…)


090911-3.jpg

おーーーーーーっ!食べてるやないかーっ!

090911-4.jpg

あっさり完食。わーい♪


これで一安心。
とりあえずこの作戦で残りの維持食を全部たいらげてもらってー、
それからまた最初の療養食に戻すか、違うのにするか、考えることにしようっと♪
早速明日はお魚買って、グツグツ煮なきゃ~♪


…、と思ったのもつかの間。

今日ですよ。
朝からトッピング作戦を遂行したのですけど、なんと、「ふん」って顔しやがりましてーっ!
とにかく全部食べましたけど、なんか食欲落ちてるー!
食べようとしないー!
食べる気失せてるー!




ワタシね、もうね、どうしたらいいかまた分からなくなりました…。
ご飯ですよ、ワンコにとって大好きでたまらないはずのご飯ですよ。
それが「しぶしぶ」なテンションでこれから生きていくんですか…?
そんなの、ノアさん可哀想じゃないですか…。

ネットで「これはいいかな?」と思うものを注文してみたけど、
合うかどうかは来てのお楽しみ…だし。






あーーーーーーーーーーーどうしたらいいんだーーーーーっ?!




スポンサーサイト

| 健康管理 | 22:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

識別方法は維持

090910-1.jpg
 
ノアさんが床じゃないところで寝だしました。

ん~、秋の訪れですね~♪ってオイ!
人の布団で寝んなー!



***



さてさて、
ところで右サイドバーにあるノアさんのプロフィールをご覧になったことはありますでしょうか?
その中に「識別:右腕の白い毛」とありますわな。

これは、
初めてウチの子になった時、すぐに入院する羽目になり、6日間点滴三昧だったんですが、
その点滴針の跡が白髪になった、というものなんです。
生まれてま間もないのにいきなり毛を剃られ、針刺され、相当のストレスだったんでしょう、
次に生えてきた毛はその苦労を表すかのように、白髪。
それが今ではノアさんを見分けるひとつの特徴となりました。


でね。
今回また入院生活を余儀なくされまして、点滴生活を3日4日過ごしてたわけですけど。

今度はどこの血管から点滴するのかなー、と思っていまして、
血管確保のあたりはお手伝いしてください、ってんで、そんなこと思いながら先生の様子を見てたんですよ。

そしたら、今回も同じ右手。

で、ジョリジョリとバリカンで毛を剃られ、血管に針ぶっすー。

そんな様子を見てて、ああまた白髪ポイントが増えるのかー、なんて思ってたんですけど。


今回の点滴跡。
090910-3.jpg
8月29日現在の様子です。


で、今日、9月10日。
毛は生えたかしら?と改めて見てみたら、
090910-2.jpg
ちょっとピンボケ。

いやぁ、どうもね、針刺した位置、前と一緒みたいなんですよ!
まだ全部の毛が元通りに生え揃ったわけじゃないんですけど、
決して「白髪二箇所」という感じじゃないんです。
先生ったら、まったく同じポイントで血管確保してたみたいなんです。

何が言いたいかって、別に大したことじゃないんですけど、
同じ先生の仕業ですからこうなるんだろうかー、と。
それはそれですごいなー、と。
白髪ポイントが増えなくてよかったなー、と。
やっぱり識別方法は変わらずなんだなー、と。
ただ、それだけです、すみません。




ということで、
090910-5.jpg
ということでした。




どうでもいいけど、ノアさんは結構白髪体質で、
なんかストレスを皮膚に感じるとそこが白髪になります。
迷子首輪に付けた「狂犬病予防注射しましたよプレート」が当たるだけで首元のある一点が白髪だし、
毎年受けるワクチンのぶっ刺され箇所である背中のある一転も毛を掻き分けると白髪だし。

きっと老後は顔真っ白だなー。

いつまでも黒々としていてほしいけど、
トレードマークの右腕は白ポチでいいか♪
090910-4.jpg
ハイハイ。
おー怖。



飼い主さんじゃない人にもすぐに分かってもらえるようなこういうマーク、あります?

| 健康管理 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノアさんは退院しました

昨日の16時30分過ぎ、ノアさんを退院させるべく迎えに行きました~。

とてもとても元気に、いつもの朝のようにわふわふ♪と興奮気味にケージから出てきて挨拶してくれたノアさん。
とっても嬉しかったよ^^。
元気で戻ってきてるくれるって思ってたけど、やっぱり本当にその通りになると嬉しくて涙が出そうになったよ。
本当にがんばったね。
入院なんてさせることになってごめんね。
まだまだ治療中だけど、これからも一緒にがんばっていこうね!

おかえり!

090828.jpg

残念ながら膀胱炎は治ってないので未だにお水飲みまくり。
おしっこしまくり。

でも肝臓の数値は改善されてきてます。
ちゃんと治るまで頑張ろうね。








コメントを下さったみなさん、ご心配をおかけしてすみません。。
何とか退院することが出来ました。
ワタシも元気です^^。
100%安心できる状態ではないし、おそらくこれからずっと付き合っていく疾患を認識した、
ということになっただけだけれど、ひと段落、とりあえず、まずは、よっし!頑張るぞ!と思える心境です。我ながら単純?

まだまだ勉強が必要なんだな、と思って、それはそれでとても幸運なことかもしれないとも思えますし、とにかく前向きな心情です。
色々ご指導アドバイスを請うかと思います。
その際は、何卒よろしくお願いいたします!!



今はとりあえず肝臓の数値は正常化し、膀胱炎を治し、アルカリ体質をどーにかこーにかせなあかーん!という状況です。
頑張りまっす!
何より、ノアさんは頑張って退院してくれたんだもの、頑張らなくっちゃ!







入院中のアレコレもありますが、とりあえず近況報告です。
ノアさん、元気です^^。










*ちょっと酔っ払ってます。
誤字とかあったらすみません。

どうでもいいんですけど、どーも各エントリのタイトルの上、ちょっと空いてます?隙間?
タイトルの文字も小さいような?
実家のPCで確認して「は?」となってる点ですが、どうですか?

| 健康管理 | 21:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外な診察結果

続き。

24日月曜日 午後5時過ぎ。
竹千代を母に預けて動物病院へ。

ノアさんは我が家へ来てすぐ、本当にすぐ、調子を崩し、パルボと診断されて入院した経験があるのだけれど、今回もその時にお世話になった獣医さんの元へ。
というか、ノアさんはワタシの結婚以来、実家に帰るたびにやれ怪我だーやればい菌にやられただーとよくお世話になっているのでありまして。おいおい。

で病院に着いて事情を説明し、おしっこ採ってきてー、というので近くの雑草だらけの駐車場へ。
すぐにしゃがみこんでチ~とするノアさん。
ラクラク採取。
しかし採取後も途切れることのないチ~…。
チ~…。
チ~…ってオイ!どんだけ出るんだ!!

で尿検査結果は、細菌性の膀胱炎だそうで。

また膀胱炎か…。
今年になって何回目ですか…?

今現在、アルカリ体質改善を目指して病院処方の療養食で完治を目指しておるわけですけど、
それによる膀胱炎もなってたわけですよね、この前まで。
アルカリ体質から膀胱炎へのつながりについては正直まだ勉強不足で分からないんですけど、
無関係ではないようで。
でも今回の膀胱炎は原因が細菌の異常繁殖。
もうね、顕微鏡でみさせてもらいましてけど、んまーあるわあるわ細菌が。
ちょっと赤血球や白血球も見られたので、炎症が少し進んだ状態といえるのかもしれない、と。

この時点でちょっと一安心だったワタシ。
なんだ、また膀胱炎か、くらいに。
いや、ノアさんには不快だろうし、細菌が多すぎるからちょっとの刺激でもおしっこが出てしまう、なんてことはいいわけがない。でも膀胱炎か、と。抗生剤で治るな、と。

そう思ってたんですけど、
先生が「食欲がないのは膀胱炎と関係ないだろうから気になるなぁ」とおっしゃってて。
それから、おしっこの成分として「尿の比重が少ない」のも何でだろう?と。

つまり、おしっこが薄い、ということですね。
腎臓で尿をつくり、尿細管という器官でまた体に必要な物質は再吸収される、んで、余ったものがおしっことしで膀胱へ!
という「おしっこの作られ方」というプロセスの中で「余ったものが」のクダリが「余り過ぎちゃった」になるわけだから、つまり「薄い=比重が少ない」ということらしいんですけどね。
ああ勉強せないかんことがいっぱいだなぁ。

そんなノアさんに考えられる疑わしき点は「腎臓病・副腎皮質機能亢進症など」だそうで。

はじめは、もう少しで千葉に帰るので、とりあえず膀胱炎の治療を最優先して、
治って正常になったらその他の疑わしき点の究明に取り掛かったら?
という先生のご意見だったんですけど、なーんか気になって、血液検査をしてもらうことにしました。
なんだろう、すごく胸騒ぎがして、というか。

で、採血して待つこと数十分。

090824_1805~01
待合室にて。


結果は「肝臓悪いよー!」というものでした。


肝臓?はー?!

検査結果で、肝臓に関する数値を示すAST(=GOT)とALT(=GPT)がとても高いのだそうで。
ちなみに、
AST  152  (参考基準値 13~53)
ALT  476  (参考基準値 9~69)←検査機関によって?参考基準値は異なるようです。

基準値からしたら高い…。

肝臓が悪ければ食欲なんてわかないので、食べなくなった2日前あたりになにか肝臓に悪いものでも口にしませんでしたか?
と聞かれたんですが、体質改善で食事制限されてる状態なので…、あ、トマトとか食べちゃったんですけど…、
みたいなアホな回答をしたんですけど、本当に思い当たらないし、何より内蔵疾患だなんて!!!とショックのあまり呆然自失で。

肝心の膀胱炎に関しては、腎臓は問題ないとのことでした。
比重はコロコロ変わるものだし、とはいえ比重が少ないのはいいことではないけれど、
血液検査でシロと出たので心配しなくていいようです。ほっ。

とにかくご飯を口にしないほどの状態なので膀胱炎のための抗生剤も服用が難しいと思われるし、
栄養は点滴で補充してあとは安静が一番、よって入院して2~3日様子を見たほうがいいですね~。

と先生がおっしゃるので、ボーっとしたまま「はい、おねがいします」と答えてノアさんを置いてきた、
そういうことなのでありました。
このときのワタシには言われたことに返事する以外のことができないくらい、真っ白だったと思われます。正しい判断ができていたのかどうか、今でもわかりませんけどね。



そういうわけで、ノアさんは入院しています。

| 健康管理 | 15:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんで入院なんてことに?

何だか寝れないな。
寝るような時間じゃないからかしら。
実家帰省中はこれでもかと寝れるところにその意義があるのにねぇ。




なので続きをば。


で、昨日、
8月24日(月)、朝からまた食べないよ、と母に言われ。
というか、ご飯だよ、と言っても興味すらもたない様子で、結局ご飯入れによそうのをやめたんだそうで。
でも、ぜんぜん食べてないじゃないの、ここ2日間。
そりゃ竹千代からのおこぼれは食べてたよ?
キュウリも食べたし、うちで栽培してたトマトだって食べたよ。食べちゃいけないんだけど。
でもなんでフードとなると食べないの?おいしくない?うーむ。
なんとか「主食」たるものを食べさせたいと思ったワタシは、父の昼ごはんになる予定だったうどんを茹でて与えてみました。
食べました^^。
そうか、あの療養食の味が嫌になったのか!このー!親不孝ものー!高いんだぞーあれー!
これから何をあげたらいいんだー!
なんてちょっとり呑気に構えていたわけですけど。

夕方、16時ちょい過ぎあたりだったかな。
1階にノアさんはいて、人間はみな2階にいたんだけれども、
なんてことはなく一人階下におりたワタシ。
いつもなら階段下まできて尻尾ぶんぶんで、毎回毎回熱烈に「待ってたよー!」と迎えてくれるノアさん、来ない。
寝てんのかな。
見に行くと横になって、でも目は開いててこちらを見てる。
尻尾も振ってる。
でも起き上がって近寄ってはくれない。
どうしたのかな?元気ないの?
そう声を掛けながら近寄ると、部屋のじゅうたんに大きな水のしみが目に入ってきたんですよ。
なにこれ?
お茶?
いや、おしっこ??
明らかにおしっこで。
しかも大量で。
しかもしかも今横になってるノアさんの下にもおしっこの水溜りで。

おいおいおいおいー!粗相かー!

今ちょうど竹千代がトイレトレーニング中で、おしっこをしたら褒めて褒めて褒めちぎってるんですが、
それと何か関係があるのかい?!
褒められるかなーとか思った?
もしくは、竹千代ばかり褒められてジェラシー??
とにかくわざとなの??!

無意味と分かっても問いただすんですが、どうも様子が違う。
いつもいたずらや粗相をすると(粗相はもう随分ないけれど)、
「やっちゃった…ごめんなさい…」という態度を見せて「許して許してー!」とばかりに調子よく愛想笑いするのに、今回のノアさんは「何のことでしょーか?」という顔。
あれ?変…。

そう思いながら、とにかく掃除し、まったくもう…とつぶやきながら新聞を読み始めたワタシ。
そのワタシに体の一部をくっつけて横になり、うつらうつらするノアさん。
しばし二人だけのまったりタイムを満喫していたら、ワタシの携帯が鳴りまして。
それに驚いたノアさん、立ち上がりちょっと移動。
すると!
元いたところにまたおしっこのしみが!!!!!

電話どころじゃないワタシ、どうしたどうした?!なんで漏れてんの?あ!お漏らし?!
何でお漏らし?!もうそんなトシになったか?!違うだろー!

気が動転。
そこに母現る。
事情を説明、すぐに病院へ行くことに。









ってことで病院に行くんですけど、続きはまた明日にでも。
今日は何だか色々ありすぎて疲れてしまいました…。

| 健康管理 | 22:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。